育児の窓

子育てで広がったつれづれ話

梅雨明けか?4ヶ月健診へ

こんにちは、ムギです。

暑い日が続いてますね。

オコをエルゴで抱っこして出かけると汗ダクになります。頭から滝のような汗をかくなんて部活をしていた10代の頃以来かも知れません。

ダイエット効果ありかも♪なんて期待しましたが、1ヶ月で1キロしか減ってませんでした。残り3キロ。減ってほしい…。履けないと言う理由で服を捨てるのは忍びない。

 

先日、4ヶ月健診へ行って来ました*

総勢50人の4ヶ月ベビちゃん達がいた様でした。オコは、42番目。受付開始時間に間に合う様に家を出たのですがバスの到着が10分遅れてしまい残念無念。徒歩20分の距離を12時台にオコを抱えて行くのは地獄を見そうだったので遅れてもバスにして良かったって思う事にしました。

 

同じ月齢の子が大集合しているので、キョロキョロ見比べてしまいます*

髪の毛がフサフサの子が多かったです。オコは、やっと薄っすら生えてきた感じなのでこの差は何なんだろうなぁってフサフサの子を見るといつも思います。

体の大きさは個々で違うのですがどの子もかなりムチムチに。オコもムチムチなので、ムチムチ感がたまんない〜ってみんな思ってるんだろうなと、心の中でニマニマしちゃいました。

 

夫婦2人で来てる方達もチラホラ。予防接種の時は母方の祖母と来ている人もチラホラいたのですが、健診へは祖母らしき人と一緒の方はいませんでした。

なんででしょ?たまたまかも知れませんね。

 

双子ちゃんもいたのですが、そちらはお母さん1人で来ていたので看護師さん?達が入れ替わりでサポートされてました。

子供の頃、双子に憧れてましたが軽い気持ちで憧れた事を謝りたい気持ちに。

阿修羅位手がないと追っつかないんではないでしょうか…。

でも、双子ちゃんのお母さんは健康そうでニコニコされていたので他人事ながら安心しました*

 

順番待ちの間、夫婦で爆睡している方達もいて、みんな寝不足で頑張っているんだ。私だけじゃないんだ。と、励みになりました。

 

こういう所で声を掛けてママ友を作れると良いのでしょうけど中々難しいですね。

保育園が決まったら作れるかしら。

毎日会えば自然と…。

一発勝負では、友達も恋人も見つけられないタイプなのでママ友も例外なくそうだろうなぁと思いながら健診場所を後にしたのでした。

 

 

 

予習で読んだ本を再読中

こんにちは、ムギです。

 

前回の、生理によって母乳が出なくなるのではないか問題。

助産士さんに伺ったところ、大丈夫よー!昔の人は2〜3ヶ月くらいで始まるの普通だったから。との事でした。

毎回、不安になって相談すると、どの方もカラッとした感じで深刻な悩みを相談した私の気持ちを軽くしてくれます。というか、拍子抜けさせられます。

今までこんなにあっけらかんと対応された事がないので、子どもを育てる時の心の持ちようって別次元なのかもしれない。。。母になると強くなると言いますが、強さともまた違う別の技能がいるように思えます。

 

最近のオコは、昼間は私の腕の中でしか眠らない感じになっているので、その間身動きがとれません。パソコンの操作も苦労するので本を読む事にしています。

 

 

マンガで読む 妊娠・出産の予習BOOK

マンガで読む 妊娠・出産の予習BOOK

 

 こちらは、妊娠が分かった時に最初に買った本です。

始めは、お金の事や提出書類関係について分かりやすく書かれていて助かりました。

産後の事ももちろん読んでいたのですが、リアルタイムに再読する事をおすすめします*

本に書いてある内容を同じように悩んでいたりして、予習したことが完全に抜けていることに苦笑い。

また、妊娠中の内容も頭から抜けていて再読というより初めての本を読んでいるみたい。育児疲れで脳みそが機能停止しているのかもしれません。。。

 

そろそろ離乳食のページを再読しようかと思います。

離乳食は、5,6ヶ月頃なので、今読んでも忘れてしまうかもしれませんが*

3ヶ月目 母乳とミルクと生理

こんにちは、ムギです。

丁度、麦が黄金に輝く季節ですね*

 

オコは、順調にスクスク育ち、体重6.7キロに。

私は実家から自宅へ戻り、3週間で3キロ減。出産後合計10キロ減りました。

後4キロ…。これが曲者かもしれませんが徐々に減る事を祈ります*

 

オコは、産まれた時から母乳とミルクの混合でした。

毎回母乳を飲んで足りない分をミルクで補充してます。

 

クリニックには赤ちゃん用の体重計があり、飲む前と飲んだ後に測り、差を出して母乳の量を記録していきます。

最初は2g。左右合計20分くらい吸ってそれだけ⁉︎と、驚きましたが徐々に増えて2ヶ月目の頃は、160gの時もたまにある位になりました。

オコが頑張って吸ってくれたお陰です。

 

2ヶ月目の頃は大体100g母乳が出ていたのでその後60cc位ミルクをあげてました。

 

自宅には、赤ちゃん用の体重計がないので、実家に居る間だけ、レンタルして量を記録してました。

 

自宅に帰ってからは、まだお腹空いてそうな時にミルクを追加するようにしていたのですが、段々拒否されるように。

母乳飲んでもお腹空いたと泣きわめく時でも最初は眉間に皺を寄せてイヤーって訴え、渋々飲み始めると目が完全に死んでいる。苦笑

 

出ない胸を吸いながらペチペチ叩いている姿を見るとなんとも可哀想な気持ちになるのでした。

お腹いっぱい母乳を飲ませてあげたいものよのう〜。なんて、考えながらトイレから立ち上がってみるとまさかの出血!

 

え!?

生理ですか!

早過ぎじゃない?

 

丁度3ヶ月目の日でした。

 

生理に回せる血があるなら乳になってくれ!

 

そして、もしかしてこれからどんどん母乳が出なくなるのではないかと不安になってます。

 

来週、助産師さんが自宅訪問に来てくれるのでその時相談しようと思います。

 

良い解決策を教えてもらえと良いのですが…。

 

乳児湿疹*オムツかぶれ*対策まとめ

こんにちは、ムギです。

2ヶ月が過ぎてオコの泣き声にバリエーションが出てきて楽しいです。

 

今回は、オコの皮膚について書きます。

 

生後3週間位から、顔にポツポツが出て来ました。お尻はユルユルウンピの逆襲により真っ赤。

 

ポツポツは、乳児湿疹で誰でもなるからと、特に何もつけないで様子を見てました。

お尻の方は、チッチでもウンピでも出る度にギャン泣きするので早く治してあげたいと思い対策を考えました。

おしりふきで汚れを軽く取った後、霧吹きで優しく洗い流します。

水気をメイク用コットンで吸い取ります。

綺麗になった所で白色ワセリンを塗ります。

これを毎回すると、少し落ち着きましたが、夜など眠くて1回でもおしりふきだけで済ませてしまうと振り出しに戻ってしまうのです。涙

 

お尻に気を取られているうちに、お顔のプツプツが段々広がって、頭の中まで侵略されてしまいました…。

そうだ!お尻に効くのだからお顔にもワセリンがいいかも*

と、ルンルン気分で塗ってみると、

プニプニだったお顔が日に日にガチガチに硬くなって可哀想な感じに。

 

他にも診察してもらい事があり、小児科へ初めて行ってみる事に。

 

オムツかぶれには、ワセリンで問題ないと、助産師に言われていたのですが、小児科の先生からは、亜鉛華軟膏持ってないの⁈と、マストアイテムだから処方しますと言われました。これがとっても良くて、使い始めて1週間で痛くて泣く事は無くなりました。3週間くらいでたまにしか塗らなくても赤くもならなくなりました。

 

乳児湿疹については、ワセリンは塗らないでと言われました。お尻と違ってお顔は汗腺が沢山あるのでそれを塞いでしまうので悪化するそうです。

石鹸で洗ってあげたらそのままにしておくのが良いとの事。

ただ、これからもっと酷くなりますよ〜。て、言われました。

酷くなると思っていれば焦らなくていられる様に気を使ってくれたのかもしれません。

それでも、早く治って欲しいと思って、姪っ子達が実家に泊まりに来る時に塗っているベビーミルキーローションを試しに塗ってみる事に。

 

ベビーミルキーローションお得用サイズ380ml

ベビーミルキーローションお得用サイズ380ml

 

 

 

これを塗ったら次の日にはサーっとプツプツが消えたのです!

その後も塗りつづけていて、たまにプツプツは出ますがホッペはプニプニです*

 

先生によって意見も色々である事が分かりましたし、何が良いかも人それぞれ。

これからも専門家に聞いて、自分でも考えて良さそうな事を試して行こうとおもいます*

 

 

 

とある1ヶ月目の睡眠サイクル

こんにちは、ムギです。

今日は、オコの睡眠サイクルと、私の眠気サイクルを記録します〜*

 

朝5時、オコは、パイを飲み足りない分のミルクも飲んでお腹一杯。

機嫌は良いけど抱っこしていないと怒るので、眠らせる事も出来ずにい抱っこし続ける。

朝日が目に眩しく私も1日の始まりを感じ、シャッキリする。

 

7時、ようやく寝たので、朝ご飯を食べる。食べ終わり歯磨きする前にオコ起きる。約30分の眠り。

 

8時、パイを求めるのでお腹いっぱいにするが、寝ない。座布団の上でゴロゴロ。その間に育児記録などの作業をする。

 

10時、パイを求めて泣くが、先に沐浴をする。沐浴中は、気持ち良さそうにホケーっとしているが、お湯から上げた途端にギャン泣き。なだめながら服を着せてパイを与える。足りない分をミルク。

入眠1時間30分、途中、オムツ替えてとリクエストのため泣く事あり。

その間に、お昼ご飯。私は眠気無し。

 

12時、パイを求めて起床。

ガッツリ寝てもらいたく、パイ+タップリミルク。

夢叶わず30分寝たら直ぐに起きる。

 

13時、うんぴの逆襲が始まる。抱っこしている手にお尻からの発射を数度オムツ越しに感じる。音、振動共に大人並。

 

14時から、パイとうんぴの入り乱れ。私は寝不足で頭痛。

 

17時、日の入りと共に入眠。約3時間。

その間に、お風呂に入り夕飯。1時間ほど私も死んだように寝る。

 

20時、パイの催促泣きで、私も起きる。眠ったおかげで身体の疲労がより出る。

オコは何故か覚醒して目が爛々と輝き全く寝ない。しかし抱っこは要求。

 

23時、入眠。2時間。私も布団に崩れるようにダイブ。

 

1時、オナラが出なくて苦しんで泣く声に起こされる。ついでにパイを求められる。私は目が半分閉じた状態で対応。

下から出て、上から入って満足して入眠。3時間。

 

4時、パイを求めてギャン泣き。私は限界を感じながら起床。

窓の外が黒から濃紺へ変わってゆくのを眺めながらパイを与える。

 

5時、空が明るくなり、気持ちも明るくなる。1日の始まりだ♫

 

というのが、止まらぬ波のように続くのでした〜*

夜明け前が1番辛い。

晴れの日の朝は、元気になるけど、曇りの日の朝は、夜明の延長になり、眠気倍増です。

太陽は偉大なり。

今日も1日元気に頑張りましょう〜!

 

 

 

 

 

 

さくら広場 感動と落胆のハーフハーフ

こんにちは、ムギです。

 

オコをつれてオットちゃんと三人で初花見散歩をしてきました。

場所はさくら広場

http://www.panasonic.com/jp/corporate/ad/experience/sakura/makuhari.html

 

有名な建築家の設計した広場です。

2006年に、ソメイヨシノを505本植えたそうです。

 f:id:mugimugibatake:20170414190301j:image

見取り図を見た感じですと、学生の課題作品みたいな印象。

こんな無機質に桜を並べて空間として成立するのかしらと。

 

instagramで訪れた人たちの写真を見ると桜の開花が綺麗そうなので実際はどんな感じなのかを見たいと思い出かけました。

 

平日に行きましたがたくさんの人でにぎわってました。都心と違い、ぎゅうぎゅうで困るほどではありませんでした。

入口周りは桜がほぼ満開。空の青に映えてとっても綺麗。

f:id:mugimugibatake:20170414190346j:image

桜の背丈が低い上に、枝を下へ伸ばすように剪定しているようで、満開の桜の枝の横に顔を並べて写真を撮る事が出来ます。

眠っているオコの顔を桜の花のアップと同じフレームに入れて写真を撮る事が出来てとっても感動しました*

 

写真を撮る時、出来るだけ周りに他の人が写らないようにしたいと思い、あまり人が居ない方へと移動して行くと、だんだん桜の手入れが適当になって行くのです。

ひどい物になると、桜の木にキノコが生えていました。老木ならいざ知らず、まだ植えて10年くらいでキノコが生えるという事は相当弱っています。

 

広場の半分くらい、人がよく通る場所を重点的に手入れをしているみたいです。

広大な敷地に碁盤の目でびっしり桜の木を植えているのですから管理する人は相当大変なのではないかと思いました。

木と木の間隔が5 m位しかないので、成長して行ったときに根っこの行き場がなくなるであろう事も容易に想像がつきます。

広場という名前ですが、どのスペースも人が歩く以外の動作が出来ないくらいの幅しか有りません。

ゆっくり腰掛けて桜を眺めたくても、3人掛けのベンチが8台。少ないですよね。。。

飲食も禁止。

桜の開花する1週間くらいはにぎわいますが、その他の時期はほとんど人はいないのではないでしょうか。

 

とっても広いけれども、桜にとっては窮屈で、広場としても人々が憩える環境にはなっていない。ひどい設計です。

 

それでもけなげに生きている桜はとっても綺麗でした。

風に運ばれて芝生に生えているタンポポもかわいらしかったです。

 

人工物を作る事は、自然の、地球の上に被せている訳で、人工物のみで成立するのではないという事を突きつけられた気がしました。

 

人工物=日常

自然=生命の誕生と死

 

に置き換えられるようにも思えました。切り離しては考えられない。でも現代の日本社会では切り離して生きている。両方が引き立て合う形で生きる事は出来ないのだろうか。

女性の育児と仕事や家事の両立がスムーズに出来る社会になる日が来たら、男性も女性も自然の一部としての日常を謳歌出来るようになるのかもしれないな。

今の日本の働き方は、男性が仕事、女性は子どもが出来たら育児。が少し変形し始めた状態で、まだまだ全然窮屈な状態。

 

そんな日が来るようにちょっとでも変われるように、変化を自分もして行きたいな*

 

 

 

 

人間の出産って…

こんにちは*1か月検診が終わって湯船に浸かれるようになって幸せな、ムギです。

 

出産を経験して入院中に思った事を書こうと思います。

 

すべての人が、生まれる事と死ぬ事を経験します。

死ぬ事は、最後なので経験後の人はいません。

生まれる事を経験して誕生しますが、生まれた事を覚えている人はいません。

死に方は色々ですが、生まれ方は、10ヶ月位、人間の女性の子宮の中で過ごして生まれるという方法しかないのです。

今、地球上にいる人だけではなく、人類誕生の日からずーっと…。

つまり、私が経験した出産よりも過酷な状況で人は出産をずーっと経験してきたという事。

オコは逆子だったので帝王切開で出産しましたが、時代によっては母子ともに死亡していたであろうと思うと、現代医療に感謝です。

 

ただ、なんで出産って痛くて苦しい物になっているのだろうかと、疑問に思いました。

もし人間を神様が設計したと言うなら設計ミスだ!と、入院中プリプリしながら美味しいご飯を食べてました*

 

ただ、ちらほら出産が気持ち良かったとか、スポンって生まれて、また産みたいって思った。とかの感想も聞きます。

人によってはそこまで大変ではないのか?、もしかしたら、昔の人はスポンと産んでいたのかも…。

出産出来る年齢まで生きている人は、体力があるという事だから。

確かに、出産楽だったと言っていた人達は健康体な感じ。

なんて、仮説をたてて、元々そんなに体力ない上に高齢で、逆子で、の、私が無事に出産出来たのは本当にありがたい事だなぁと思ったのでした*

 

時間が経つと考えがマイルドに変化しますね。もう少し過激な仮説をたてていたのですが上手くまとまりませんでした。

1年も経つと日々の生活が忙しくて出産した時にモヤモヤと考えた事などすっかり忘れてしまいそうです。

忘れた時に見返せるように書き留めようと思ったのですがすでに忘れつつある。そして書く時間が無いくらい手がオコで塞がっている。そんな日々です〜。