読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児の窓

子育てで広がったつれづれ話

明日、帝王切開で出産します

ムギです。

ベビちゃんが逆子(骨盤位)のまま36週を迎えたので外回転術をして頭を下にするかどうかの選択をしなくてはなりませんでした。

成功率は50%。

 

逆子で36週を迎えるのは3%。数字的には少ないので妊娠中期の頃はそのうち頭が下へ向くだろうと思ってました。

ただ、胎動の感じだとずっと足や頭の位置が変わってない感じだし、エコーで見てもいつも一緒。先生は小さいからくるくる動いているはずだとおっしゃるのですが、ベビちゃんは居心地いい場所が固定してそうに思われました。

 

自然分娩で産みたい気持ちがずっとあったのですが、

 

外回転術をすることで緊急帝王切開になるかもしれない。

成功しなかった場合、結局帝王切開になる。

成功しても、自然分娩が旨く出来ず緊急帝王切開になるかもしれない。

 

とのこと。

 

ベビちゃんがずーっと同じ位置に居る事から外回転術で頭が下がっても後日また戻りそうな気がする。

高齢出産なので、産道が固くて難産かもしれない。

 

なぜ、自然分娩をしたいと思うのか、自問自答しました。

 

子どもを産む自然の流れを体感してみたい。

ベビちゃんが産まれたいと思う自然の流れで産みたい。

 

この二つに行き着きました。

そうなると、外回転術で、ベビちゃんを無理矢理向きを変えるのは全然自然ではないかもしれない。なんとなく、すぐにもとに戻りそうだと私も思っているし。

それなら頭をベビちゃんが下向きにしたら帝王切開は中止になるのでそのままにすることにしました。

 

逆子でも安心して帝王切開で産む事が出来るのは今の時代だから出来る事。

逆子にとっての自然なお産は帝王切開だと気持ちが落ち着きました。

 

妊娠が分かった時に、出産について知りたいなと思い「赤ちゃんの科学」という本を購入しました。

著者がアメリカの男性小児科医なので、出産の歴史や現代の出産のあり方などは西洋のことなのですがとっても興味深かったです。

帝王切開の始まりは、赤ちゃんが死ぬ前に洗礼を受けさせるためだった事。そのため母子ともに亡くなる事がほとんどだった。なんて事が分かって今の時代で本当によかったー。こんなにお腹大きくなるまで育ててもベビちゃんは産まれてなかったな。。。としみじみしております。

まだ、無事に出産出来るのかは分かりませんが、大丈夫な確率の方が高いと思うので頑張ります*

産後のブログはどうなって行くのか。乞うご期待くださいー*

 

 

赤ちゃんの科学

赤ちゃんの科学