読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児の窓

子育てで広がったつれづれ話

タイミング治療1

こんばんは*ムギです。

今日は、ベビちゃん受精までのお話です。

 

風疹の予防接種から妊娠スタートまでの二ヶ月は、基礎体温を毎日撮り続けてました。

リズムがみえたようなみえないような感じで自分達でタイミングをみて進めました*

 

半年後に結婚式の予定でしたので、すぐに妊娠しても大変そうだなぁ、という気持ちもあり病院へ通うのは先へ延ばしてました。

 

それでも、毎回生理が来るとガッカリ。このガッカリが薄い層になって心に溜まって行くのがじんわり辛かったです。。。

私は、妊娠もご縁だからなと、思っていたのですが、それでも悲しい気持ちになっていました。

大きな悲しみをかかえたくないから、自分にご縁だと言い聞かせていたのかもしれません。

 

結婚式も無事に終わり、本腰入れて子どもの事を考えようと動き始めました。

不妊治療を専門にしていて、職場からも通えるクリニックとなるとそんなに数はありませんでした。

 

体外授精からスタートのクリニックもありました。

不妊治療をしていた友達で、段階を追って進めるところだと時間もお金もかかって大変だったと言っていたのでそういう人には向いているのかと思います。

クリニックの方針をよく確認してから通うようにするといいかもしれません。

 

私はタイミング治療で妊娠出来る可能性を断ちたくないという気持ちがあったので段階を追って進めてくれるうすだレディースクリニックに通う事にしました。

 

長くなってしまったので、続きはまた明日書きますー*