読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児の窓

子育てで広がったつれづれ話

ブラックジャックのリハビリを胸に

こんばんは、ムギです*

出産してから2週間が過ぎました。

ベビちゃんの生活リズムに合わせて寝起きをしていると自分の作業は一日一つ出来れば上出来といった感じです。ブログを書くところまで到達するのに2週間を要しました。

 

出産1日目。

朝目覚めても足は重く、お腹は痛いので寝返りどころかベッドに腰掛ける事も出来ない状態でした。

ベッドをリクライニングして上体をおこすも、お尻を座りよくすることが出来ない。。。つらい。。。

そこへベビちゃん登場*やっと会えたー。と喜ぶも、授乳してくださいと、看護士さんに言われ放置される。

口にふくませるが、乳が出ないのですぐにプイっとされてしまう。

ナースコールを押して、吸ってくれないと伝えると、速攻で迎えにきてベビちゃん退場。

乳の出し方とかを教えて欲しかったのにひどい!って思いましたが、馬の前の人参効果としてのベビちゃんのチラ見せだったのではないかと後日思いました。

 

検温に来た看護士さんが、今日の予定を発表。

お昼までに歩いてトイレに行けるようになって、尿を貯める管を抜きましょうね。と。

お昼まで後3時間しかないのですが!!座る事も出来ないのに歩けと!!

無理だと思いましたが、尿の管の違和感から早く解放されたいのと、ベビちゃんとの同室になるまでに歩けないと現実問題対応出来ないので頑張るしかなさそうです。

 

腕の力で少しお尻を持ち上げ、ずりずり足をスライドさせてベッドのヘリに腰をかける。というところに行くまでに1時間。

ブラックジャックの幼少の頃のリハビリの様子がまさに今の自分と重なり、くそーっ、べびちゃんに会うために頑張るんだ!!根性じゃーって感じで鼻息荒くしてました。

ベッドに腰かけた状態から、立ち上がるのが中々難しく、足をのばすところまで来てもお腹を曲げた状態からのばす事が怖くて出来ない。お辞儀の姿勢から背筋をのばせない。。。一旦停止状態。

そんな姿勢でいたら看護士さんが一言。

「ちょっとのあきらめと、ちょっとの勇気で出来ますよ。一回目が一番痛くてその後はそれほど痛くないですから。」

勇気は分かるけど、あきらめって。笑

ツボにはまって笑ってしまったら腹が痛くてベッドへ逆戻り。

 

痛いのは事実だから受け止める。ということがあきらめなのだとわかり、その後の色々な場面での痛みを感じると看護士さんの言葉と優しい笑顔を思い出し肩の力を抜く事が出来ました。すごい名言だなぁ。今後の人生でも応用が効きそうです*

 

あきらめと勇気で、お昼過ぎには歩いて(足をひきずって)トイレまで行く事が出来るようになりました*

尿の管と、点滴が除去され、背中の痛み止めの管だけがまだついている状態になり少しストレスが緩和されてちょっとずつ良くなる兆しを嬉しく思いました。

この日は3時間ごとにベビちゃんが現れてはすぐに連れ戻されるというお預け状態でまだまだ育児へは進めないのでした。